肌がまるで砂漠?乾燥の原因と対策方法とは|おすすめのクリーム紹介

更新日:

砂漠の画像

乾燥していると

  • ニキビや吹き出物が出来る
  • お肌に赤みが出て皮がむける
  • 洗顔したらお肌がピリピリと痛む
  • フェイスラインやデコルテがかゆい
  • メイクののりが悪い

などなど、様々な症状があらわれます。

こういったお肌の乾燥は体質や遺伝によるところもあるかもしれませんが、やっぱり日々のスキンケアは欠かせません

「でも毎日ちゃんとケアしてるんだけど・・・^^;」なんて悩みを持っていらっしゃる方も大勢いるかもしれませんね。

そこで今回の記事では

  • お肌が乾燥してしまう原因
  • お肌を乾燥させない対策方法

について詳しくお話ししていきたいと思います。

(※おすすめのクリームは記事中盤の「お肌を乾燥から守る対策方法」でご紹介しています。)

 

お肌が乾燥する原因とは?

お肌が乾燥する原因はいくつかありますが、最も多い原因が「お肌のバリア機能の低下」ではないでしょうか。

お肌のバリア機能とは紫外線や空気中のほこりなどからお肌を守りつつ、お肌の水分が蒸発するのを防いでくれる機能の事です。

このバリア機能が低下していると、お肌の水分を維持することが出来ず蒸発してしまいます。

更に紫外線などの外的刺激からも守り切れずお肌が乾燥してしまうんですね^^;

紫外線を発生させる太陽の画像

ではいったい何が原因でお肌のバリア機能は低下してしまうのでしょうか?

実はその原因は日々の生活習慣にあるんですね。

例えば

  1. 睡眠不足
  2. 運動不足
  3. 水分不足
  4. 食生活の乱れ

などなどが挙げられます。

こういった原因さえ排除出来ればお肌の乾燥は防げるでしょう。

ですが忙しく日々を過ごしている私たちに、この原因を全て改善するのは正直難しいと言わざるを得ません^^;

 

お肌を乾燥から守る対策方法とは?

実は生活習慣の改善の他にも、お肌を乾燥から守る対策方法があります。

それは正しいスキンケアです!

例え生活習慣が多少乱れていたとしても、正しくスキンケアを行っていればお肌のバリア機能の回復が見込めるんですね。

そうすればお肌を乾燥から守る事も可能になってくるんですよ!

ではいったいどのようなスキンケアを行えばいいのでしょうか。

それは保水・保湿成分が豊富なケア化粧品を使うことです。

そもそもお肌の乾燥は、バリア機能の低下によって引き起こされる水分不足が大きな原因の1つでもあります。

なのでしっかりと保水してくれる、うるおい成分が豊富な化粧品を使いましょう。

 

そしてもう1つ大事なことが保湿です。

どんなに保水を行っても、しっかりと保湿が出来ていないと何の意味もありません。

特にバリア機能が低下してしまっている状態のお肌は、ほとんど保湿機能が失われていると言っても大袈裟ではないかもしれません。

なのでしっかりと保湿効果が見込める化粧品が必要になってくるんですね。

つまり保水・保湿を完璧に行わないと、低下したお肌のバリア機能の手助けは出来ないという事です。

そうなってくると

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム

といった基礎化粧品が大事になってくるんですね。

 

ですがハッキリ言って

基礎化粧品を全て付けている時間が無い!

くらい忙しい方も多いでしょう。

 

そこでおすすめしたいスキンケア化粧品があります。

それがオールインワンジェルのトリニティーライン・ジェルクリームプレミアムなんですね^^

トリニティーラインは大正製薬グループの子会社「ドクタープログラム」が2002年に発売したオールインワンジェルなんですね。

このトリニティーラインには

  1. セラミド
  2. レシチン
  3. ヒアルロン酸
  4. コラーゲン
  5. アミノ酸
  6. スクワラン

といった保水・保湿成分が贅沢に配合されているんです。

特に保湿効果の高いセラミドは、ドクタープログラムの従来製品の55倍も含まれているんですよ!

セラミドとは細胞と細胞の間で水分や脂分を吸い上げ維持してくれる働きがある保湿成分です。

そしてトリニティーラインは

  • 無香料
  • 無着色
  • ノンアルコール(エタノール不使用)

といった無添加にこだわった優しい使い心地も実現。

更にアレルギーテストやパッチテストも試験済み。

また、乾燥性敏感肌の方の協力による連用パッチテストも実施済み

※ただし全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないという訳ではありません。

もし万が一使用後お肌に異変がございましたら直ちに洗い流し、医師にご相談下さい。

「とにかくお肌の乾燥をなんとかしたい!」方にトリニティーラインはおすすめ出来ますよ^^

トリニティーライン・ジェルクリームプレミアムの画像

 

スキンケア以外での乾燥対策

お肌の乾燥は正しいスキンケアと

  1. 睡眠不足
  2. 運動不足
  3. 水分不足
  4. 食生活の乱れ

といった生活習慣を見直す事が大事になってきます。

ですがこういった乱れた生活習慣は正すのが楽ではありませんよね^^;

とは言えお肌のことを考えれば出来る限り改善していことが必要不可欠なのではないでしょうか。

 

そこでこういった生活習慣の弊害を無理なく軽減出来る「対策方法」をご紹介したいと思います^^

睡眠不足

仕事や家事・育児で忙しい女性のみなさんは、寝る時間もそう多くはないかもしれません。

人によっては1日4~5時間位しか寝られない・・・なんて方もいらっしゃるかもしれませんよね^^;

そんな中、寝る前にスマホやパソコンをいじったりしていませんか?

実はスマホやパソコンから発せられる「ブルーライト」と呼ばれる強い光が脳を活性化させ、睡眠の妨げになってしまう場合も。

スマホの画像

なのでスマホやパソコンの操作は睡眠の2時間前には終了させましょう。

そうすることで少しでも良質な睡眠をとれるよう心掛けて下さい。

運動不足

「お肌の乾燥と運動」あまり関係ないように感じるかもしれませんが、実は密接なかかわりがあるんですね。

運動を行う事によって得られる効果は

  • 血行促進
  • 新陳代謝の向上
  • ストレス改善
  • 成長ホルモンの分泌

といったものがあります。

運動によって血行が促進されると血流が改善され酸素や栄養が身体全体にいき渡ります。

そうすることによって新陳代謝が向上し、お肌の細胞1つ1つに栄養が蓄えられ、お肌の乾燥の改善が見込める訳なんですね^^

運動している女性

また、人はストレスを感じると男性ホルモンを分泌すると言われています。

男性ホルモンが増加すると皮脂の過剰分泌が引き起こされ、毛穴の詰まりなどによってお肌が荒れてしまいます。

ですが運動することでストレスを発散し、男性ホルモンの過剰分泌を抑える事でお肌を乾燥から守る事が出来るんですね^^

水分不足

水分不足はお肌のバリア機能の低下を招くので乾燥の原因になり得ます。

そんな中、水分補給は「1日コップ1杯の水だけ」といった方が結構多いんですよね^^;

コップに注がれた水

補給水分量は身体の大きさなどによって変わってきますが、だいたい1日2リットル前後と言われています。

人間は呼吸しているだけでも水分が失われていくと言われていますから、やはりこれ位の量は必要なんですね。

でも「1日にそんなに飲めない^^;」といった方もいらっしゃるでしょう。

確かに1日2リットルはちょっと多いかもしれません。

でも普段飲んでいるコーヒーやジュースを水に変えたらどうでしょう?

更に起床後・就寝前にコップ1杯の水を飲むように心がけて下さい。

意外と1日2リットル飲めるものですよ^^

食生活の乱れ

最後は食生活の乱れについてです。

忙しいく生活を送っていると、ついついおざなりになってしまう栄養バランス。

または「好きなモノばかり食べてしまう^^;」なんてことも・・・。

特に揚げ物や動物性タンパク質が多く含まれる肉類は、食べ過ぎると皮脂の過剰分泌に繋がりかねません。

なので食べ過ぎには注意が必要です!

揚げ物の画像

ですがそうは言っても食べてしまうんですよね^^;

そこで食べすぎ防止の秘策があります。

それは「食事の1番最初にサラダ」を食べる事です。

最初に野菜を食べる事で胃袋の許容量を減らします。

その後お肉や油ものを食べると、普段よりも少ない量で満腹感を得られるんですね^^

こういった小さな工夫を重ねる事で、お肌の乾燥対策に繋がっていくんですよ!

サラダの画像

 

お肌が乾燥する原因と対策方法まとめ

お肌の乾燥は「バリア機能の低下が原因」で引き起こされる場合がほとんどです。

更にバリア機能が落ち込んでいる時に浴びる紫外線や空気中のほこり等も、お肌の乾燥の原因になるんですね。

逆に言えばお肌のバリア機能がキチンと機能していれば、お肌の乾燥は防げる可能性が高いんですよ。

 

今あなたのお肌が乾燥しているのに「手だてが無い!」と悩んでいるのでしたら、是非この記事を参考にしてみて下さい^^

 

◎おすすめ記事◎

これ見ても使いますか?トリニティーラインの口コミ・悪評!効果なしって本当?

【年齢肌限定】美白のススメ!透明感のあるお肌になる方法とは

 

-お肌の悩みについて

Copyright© これ見ても使いますか?トリニティーラインの口コミ・悪評!効果なしって本当? , 2019 All Rights Reserved.